トップページ
クラブの指針
運営メンバー
登録メンバー一覧
メールマガジン
メーリングリスト
交流会セミナー情報
SOHO'コラム
ご意見・ご質問
アクセスマップ
リンク


広島SOHO’クラブ問い合わせ


広島SOHO'クラブメールマガジン
出逢いってすばらしい

2009/08/19 第203号


■おそうじ

昔から、デスクや棚にあれこれモノを飾るタイプではない。
だって掃除するたびに、いちいちモノを動かさないといけないなんて、面倒だ。
掃除を短時間でササッと簡単に済ませようと思うと、なるべくソコにモノが無いのが一番である。

専業主婦の頃はそれで済んでいたが、仕事を始め、デスクを持つと、なかなかそうもいかなくなった。
捨てられない資料や、手紙、いつか使うであろう封筒や文房具など、年々、どんどん増えてしまう。
デスクの上に積み上げるのは気が引けるので、仕方なく机の下に三段ボックスを置き、資料等をそこにストックするのが、いつのまにか私の収納スタイルになってしまっていた。

ある日、知人のススメで運勢を見てもらったら、
「デスクに書類を山積みにしていませんか? 」と聞かれ、否定すると、その人は「そんなことは無いはず」というような顔をして、「もしかしたら、足元に置いてない? 」と聞かれ、図星なのでビックリした。
「足元にモノをためてはダメ! やりたいことがあっても、足を引っ張られますよ。昔から『足かせ』っていうでしょう? 」
と言われ、なるほどと納得した。

机の下に隠し、表面だけ綺麗に装っていた自分の収納を、反省した日。
目に見えないからといって、良いはずは無い。
捨てるべきものは捨て、常に新しい風を入れる・・・。そんな気配りは「場」だけでなく、きっと、「人」にも言えることだろう。
時には無心になって、頭の中に爽やかな風が通るようなイメージをし、良い結果を導きたいものである。


【gorap語録】心の浄化も、忘れずに。

←INDEX
 
2009/09/02 第204号


■運の使い方

SO@Rビジネスポートをオープンし、新たなスタートをきった今夏。
新体制となって初の、商売繁盛祈願に行って来た。
そこでひいたおみくじは、ラッキーにも「大吉」!
幸先いい♪と喜びながら内容を読むと、こう書かれていた。

「つるのはやしに遊ぶが如し」
千年まで 栄ゆる鶴のよはいこそ
        楽しかりけれゆたかなりけれ
要は、
鶴のように長寿で豊かな人生を楽しめるでしょう。
強運の持ち主なのでその運を周囲にも分け与えるような気持ちで日々を過ごせば、より安泰を得られるでしょう。ということらしい。
大吉だったうえに「千」「鶴」と自分の名前が入っていて、単細胞のわたしは、SO@Rビジネスポートの成功間違いなし!と喜んだ。

運は皆に平等にある、と日頃から思っている。
ただ、それを上手に使うタイミングが大切。せっかくの運をどうでもいい時に使ってしまわず「ここぞ」という時に使うよう意識することで、これまで随分、助けられてきた。
また、おみくじにもあるように、もらった運を皆に分けてあげる意識でいることが、また更なる運に繋がるようである。

自分が勝つことばかり考えず、誰かに勝ちを譲ることも、時には必要。
ただし絶対にここは譲れない! という時は、全精力を集中させ、運を確実につかみにいく。
そして大きな運をつかんだら、その運を周りの人に分けていく・・・。
それは、ロウソクの火を他のロウソクに分けるのと同じような感覚。
一つひとつ火を点し、たくさんの火を周りに拡げて行くことで、仲間たちと共に、元気になっていけば嬉しい。


【gorap語録】譲る。与える。その報いは、必ずある。

←INDEX
 
2009/09/16 第205号


■福山ぶどう姉妹

福山で姉妹でぶどう作りをしているから「福山ぶどう姉妹」!
なんともストレートで大胆な名前じゃ、と感嘆していると、
「牛来さんの講演で、広島SOHO'クラブのネーミングの理由を聞いて、そう名付けました」と言われ、ちょっと嬉しくなった。

「広島SOHO'クラブ」という名には 何の意図もないように思われるかもしれないが、1)わかりやすい 2)広島で一番というイメージ 3)検索エンジンにヒットしやすい この3点を重視したうえで名付けたもの。
おかげで "広島のSOHOのための交流会" といえば
「広島SOHO'クラブ」、と多くの人に認知された。

早速、検索エンジンで「福山」「ぶどう」で探してみると、ちゃーんと「福山ぶどう姉妹」が一位に表示された!
もちろんそれには、名前だけではなく、こまめな更新、キーワードの埋め込み等、様々な要因がある。これも知人のアドバイスに素直に従って、彼女がコツコツ積み上げたもの。人の話をちゃんと聴き、吸収し、行動に繋げている真摯な姿勢が、その結果からも伝わってくる。

ぶどう作りは今年で3年目。
ぶどう塾で2年間学び、ぶどうに魅せられ、畑を借り、試行錯誤しながらも、子育てしながら、一所懸命に頑張っている。
このたび、SO@Rビジネスポートに来てくれたのも、(ピオーネは完売したものの)ニューベリーA数百箱分がまだ木に残っており、9月の連休までに収穫せねばならないため、加工技術の相談で来広したのがきっかけ。

ぶどう作りから、Blogの管理、商品の荷造りから発送まで、寝る間も惜しんで自分たちだけで頑張っている、という話に、居合わせたメンバーみんなが、どうにかしてあげたい! という気持ちにさせられた。
ある人は、自宅用にニューベリーA を注文。
ある人は、即、スーパーのバイヤーに電話をかけ、面談の機会を提供。
そしてわたしは、こうしてメルマガにしたためた。

口コミのきっかけは、こうして出来ていく。


【gorap語録】ひたむきな姿勢は、人を動かす。

←INDEX
 
2009/10/07 第206号


■伝え方

ああぁ〜、またやってしまった。。。
伝え方がマズくて、誤解され、気まずい雰囲気になってしまう。
こちらは責めるつもりは無いのに、そう伝わってしまい、怒らせてしまう。(反省)
しかしだからといって、言いたいことを我慢していては、ストレスが溜まって、よろしくない。時には言いにくい事を敢えて伝えねばならないこともある。
うまく伝えられればホッとするが、思い通りに伝えられて満足できたことは、悲しいかな、少ない。
・・・伝え方って、本当に、難しい。

先日、休日に珍しく遠出してドライブを楽しんでいるその時、見知らぬ番号から電話。仕事の電話だろうか? と思って出ると、前日に20人くらいで飲み会をした居酒屋からだった。
飲み代の計算を間違っていたらしく、2万円ほど少なかったとのこと。
だからといって、今更、払ってくれと言われたわけではないのだが、その伝え方に、なんだか冴えない気分になってしまった。
「すみません。わたしのミスなんです。なので、お店は悪くないので、わたしが負担したんですが、、、ごめんなさい。いや、払ってくださいというわけじゃないんです、、、」
・・・何が言いたいのか、わからない。

支払いの際に、いくらなんでも安すぎるので、オカシイと思って何度も何度も確認したのに・・。初めて逢った人が何人も混じっていた、会費制の飲み会だったので、今更、不足分をウチが負担して支払うわけにもいかない。
結局、後日、内輪の人数分のお金を払いに店に行き、そこでママから謝罪の言葉を受け取った。

もしわたしがこの店のママだったら、どうしていただろう。
まず、電話は、自分がかける。
伝える内容は、2万円少なく請求してしまった事実とお詫び。そして、次回ご利用頂く時に、またあんなに安いと思って来て頂いたら、迷惑をおかけするので、伝えておこうと思いました。
という、電話をかけた目的の説明。

SO@Rビジネスポートにも、日々、いろんなお客様がお見えになる。
日々、いろんなかたとお会いし、電話もする。
反省の連続だけれど、その経験を、ぜひ今後に活かしたいと思う。


【gorap語録】逆の立場からは、よく見える。

←INDEX
 
2009/10/21 第207号


■思い込み

独立するという人から、名刺に携帯電話の番号を載せるべきかどうかと相談を受けることがある。
男性であれば、迷わず「そりゃ載せるべき。クライアントから24時間連絡が取れるようにしておくくらいは当たり前」と即答するのだが、見知らぬ人からイタズラ電話がかかりはしないか? と心配する女性であれば、まず、「心配だったら、載せない方がいいわよ」と答え、「でも、わたしは独立した時からずっと載せているけど、ヘンな電話なんて一度もかかったこと無いよ」と付け加える。

要は、自分次第だとわたしは思うのだ。
「イタズラ電話がかかるかもしれない」といつもいつも心配している人のところには、なぜか本当にかかってくるし、「そ〜んな電話、私のところにはかかってこない。もしかかったとしても上手にかわせる」と思っている人のところには、かからないもの。
同様に、営業でお客様を訪問する時、「断られるんじゃないか」とか、「またワリに合わない仕事なんじゃないか」とか、どこかで否定的な意識をもっていると、やっぱりそのとおりになってしまう・・。

全ては自分が引き寄せているのだ。

そんなこと、わかってるよっ! というかたも居るだろう。
よいイメージをして、前向きに意識をもって、さあ進もう! と思ってはみても、でもどうしても心のどこかに暗いイメージが付きまとい、マイナス思考になってしまう時は、誰だってある。
そんな時は、自分の中に溜め込まず、誰かに愚痴を聴いてもらおう♪
この時だけは、「マイナスの言葉は言ってはダメ」とか「言霊」とか、そんなことは一切忘れて、不安な気持ちを、ぜ〜んぶ吐き出せばいい。
いつまでも引きずるのが一番よくない。
そして、すっきりしたら、また、前を向いて歩けばいい。


【gorap語録】その切り替えが、大事。

←INDEX
←メルマガ198号-202号 メルマガ208号-212号→
 
   
 
Back Top Mail
(C)Copyright 2002-2015,HIROSHIMA SOHO'CLUB. All rights reserved.