トップページ
クラブの指針
運営メンバー
登録メンバー一覧
メールマガジン
メーリングリスト
交流会セミナー情報
SOHO'コラム
ご意見・ご質問
アクセスマップ
リンク


広島SOHO’クラブ問い合わせ


広島SOHO'クラブメールマガジン
ニュースな英語
   ※ニュースサイト等をリンクで引用しておりますので、コラム内のリンク先のサイトが
     すでにない可能性もあります。ご了承ください。
2013/09/18 第301号

1回目はエンジン点火直前に中止となった日本の新型ロケット「イプシロン」の打ち上げ。2度目は見事に成功して、新たな可能性に期待がふくらみます。

New Epsilon rocket chalks up first launch
http://www.japantimes.co.jp/news/2013/09/14/
national/new-epsilon-rocket-chalks-up-first-launch/

(新型イプシロン・ロケット、初打ち上げに成功)

「launch」は以前にも取り上げましたが「(ロケットなどの)打ち上げ」。「chalk up」は「達成する」という意味の熟語。ゲームの得点などをチョークで記録する、という意味から転じたものです。

Japan's 'affordable' Epsilon rocket triumphs on first flight
http://www.spaceflightnow.com/epsilon/sprinta/
130914launch/

(日本の「お手頃」ロケット・イプシロン、初打ち上げで大成功)

「triumph」は「決定的な勝利、大成功」。実は女性下着メーカーの「トリンプ」はこの「triumph」だったりします(創業者がパリの凱旋門からひらめいたアイデアだそうで)。
「affordable」は「(値段などが)手の届く範囲にある」という意味の形容詞。

ペイロードは小さいものの、打ち上げ体制の規模もコストも小さくて済むイプシロン。
宇宙開発の新たな地平を切り拓いてくれそうですね。

←INDEX
 
2013/10/16 第303号

連邦予算がまだ成立していないため、運営するための費用が支払えずに政府機関が軒並み機能を停止している米国。
業を煮やして、という感じで動き出している州もあるようで。

Statue of Liberty reopening delights tourists
(「自由の女神」再オープンで喜ぶ観光客ら)

政府管理の観光名所も閉鎖されているため、観光産業も痛手を受けています。で、州が費用を肩代わりして再開する施設もある、というニュース。
「Statue of Liberty」はニューヨークの「自由の女神」像のこと。
「delight」はここでは動詞で「大喜びさせる、楽しませる」。

Senate seeks a solution as clock ticks toward default
http://www.cbsnews.com/8301-250_162-57607301/
senate-seeks-a-solution-as-clock-ticks-toward-default/

(上院、債務不履行までの時間切れが迫る中、解決策を模索)

「Senate」は「(議会の)上院」、「seek」は「探し求める」。
「default」はここでは「債務不履行」です。
「as clock ticks」は「時計が進む(tickする)中」という意味。時間切れに向かってコチコチと時計が進んでいく様子を示しています。

株式市場もかなり敏感に反応しているようで、万一債務不履行になった場合の影響はちょっと想像できません。
早期の解決を願うばかりです。

←INDEX
 
2013/11/20 第305号

台風30号で大きな被害が出たフィリピン。 ニュースは復旧への動きが中心になりつつありますが、「ショックから立ち直ることが先決」なのが実情のようで。

Philippine typhoon victims seek solace at church
http://www.thespec.com/news-story/4222418-
philippine-typhoon-victims-seek-solace-at-church/

(フィリピンの台風被害者、教会に慰めを求めて)

人口のおよそ85%がキリスト教徒というフィリピン。浸水の被害を受けた教会が被害者の心のよりどころになっている、という記事。
「solace」は英和辞典では「慰め、慰安」とありますが、特に「大きな悲しみや失望を和らげる精神的な慰め」を意味します。
「seek」は「捜す、得ようとする」という意味で、見つけにくい、あるいは得難いものを求める、という雰囲気がある言葉です。

Philippine government defends typhoon response
http://mainichi.jp/english/english/newsselect/
news/20131115p2g00m0in007000c.html

(フィリピン政府、台風への対応を正当化)

復旧がなかなか進まない感がある中、政府などへの批判が上がるのは自然な流れですね。それに対するフィリピン政府の反応についての記事。
「response」は基本的には「応答、返答」ですが、この記事では「果たすべき責任に対する対応」という意味合いで使われているようです。「defend」は、ここでは「擁護する、正当化する」。

ともかく、一刻も早く救援・復旧が進むことを祈って止みません。

←INDEX
 
2013/12/18 第307号

死去から2週間近く経過して、国葬後の動きがさまざまに伝えられているネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領。ニュースを追っていくと、その評価の高さがよくわかります。

Nelson Mandela statue unveiled in Pretoria by Zuma
http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-25399709
(ネルソン・マンデラ氏の銅像、
ズマ大統領によってプレトリアで除幕)

「statue」は「彫像・塑像」。「unveil」の「veil」はいわゆる「ベール」で、これに「un」が付いて「ベールを外す、明らかにする」という意味になりますが、ここでは銅像の除幕のことを意味しています。

高さ9メートルの銅像だそうですから、かなり大きいですね(ちなみに上野の西郷隆盛像が高さ約3.7メートル、桂浜の坂本龍馬像が5.3メートル(台座を含めると13.5メートル)だそうで)。

Nelson Mandela Laid to Rest in Ancestral Village
http://www.voanews.com/content/south-africans-mourn-
as-mandela-buried/1810643.html

(ネルソン・マンデラ氏、父祖の村に埋葬)

「laid」は「横たえる、置く」という意味の「lay」の過去分詞。「lay」は「埋葬する」の婉曲表現でもあります。「rest」はここでは「死、永眠」。
Twitterなどで死亡した方に対して「RIP」という表現を見かけますが、これは「Rest in peace」の略。「安らかに眠れ」という意味になります。

マンデラ氏がノーベル平和賞を受賞したのって、もう20年前になるんですね。何だか感慨深いものがあります。

←INDEX
 
2014/01/22 第309号

あと2ヶ月あまりでサポートが打ち切られるWindows XP。最新のWin 8は評価が今ひとつで、シェアも伸び悩んでいる模様。

Windows 8/8.1 desktop marketshare hits double digits, but Windows 7 is still growing
http://www.digitaltrends.com/computing/windows-88-1-
marketshare-hits-double-digits-reaches-10-percent-
milestone/

(デスクトップ機の市場シェア、Win 8/8.1が2桁に。
一方Win 7のシェアもまだ拡大中)

「marketshare」は一般的には「market share」と2語で綴りますが、そのまま「市場シェア」。
「digit」は「数字の桁」を意味し、これが「double(ダブル)」ですから「double digits」で「2桁」。

PCメーカーも、このような状況に対応して新たな手を打ってきているようです。

JHP Advertises Windows 7 Systems Back By Popluar Demand
http://www.geeky-gadgets.com/hp-advertises-windows-7-
systems-back-by-popluar-demand-20-01-2014/

(HP、人気に応えてWindows 7搭載システムの販売再開を広告)

この記事を書いている段階では見出しが「Popluar」となっていますが、これは「Popular」のミスタイプでしょうね。 「popular」は「人気がある、評判の良い」という意味。日本語の「ポピュラー」は「一般的な、普及している」という意味で使われるケースが多いようですが、こちらの意味では通常「common」を使います。
「advertise」は「広告する、宣伝する」。「アドバルーン(ad baloon)」の「ad」はこの「advertise」です。

Windows OSを巡る混乱・迷走はしばらく続きそうですね。

←INDEX
←メルマガ289号-299号 メルマガ311号-319号→
 
   
 
Back Top Mail
(C)Copyright 2002-2015,HIROSHIMA SOHO'CLUB. All rights reserved.