トップページ
クラブの指針
運営メンバー
登録メンバー一覧
メールマガジン
メーリングリスト
交流会セミナー情報
SOHO'コラム
ご意見・ご質問
アクセスマップ
リンク


広島SOHO’クラブ問い合わせ


広島SOHO'クラブメールマガジン
ニュースな英語
   ※ニュースサイト等をリンクで引用しておりますので、コラム内のリンク先のサイトが
     すでにない可能性もあります。ご了承ください。
2014/02/19 第311号

開幕から10日が過ぎたソチオリンピック。日本選手の活躍が気になるところですが、その他にもいろいろなドラマが起こっているようで。

Canadian ski coach plays Good Samaritan to fallen Russian
http://www.theglobeandmail.com/sports/olympics/canadian-
ski-coach-plays-good-samaritan-to-fallen-russian/
article16800279/

(カナダのスキーコーチ、転倒したロシア選手に対して「善きサマリ ア人」を演じる)

日本でも話題になっているのでご存知かと思いますが、クロスカントリースキーで転倒し、スキーが折れてしまった選手を別の国のコーチが助けた、という話。
「fallen」は「fall」の過去分詞で、ここでは「転倒した」という意味。
「Good Samaritan」は「善きサマリア人」で、「困っている隣人を無差別に助ける人」の象徴。新約聖書の一節が元になっています。

Olympics coach caught knitting at starting line
http://www.wptv.com/dpp/sports/antti-koskinen-knitting-
olympics-coach-caught-knitting-at-starting-line

(オリンピックのコーチ、スタートラインで編み物をしている姿を撮られる)

スノーボードの決勝で、これからスタートしようとしている選手の横で編み物をしているコーチの姿が話題になりました。
「caught」は「catch」の過去分詞で、日本語でも「キャッチされる」という言い方をしますが、「撮られちゃった」という感じでしょうか。「knitting」は「編み物」。動詞「knit」(発音は「ニット」)から来ています。

残り1週間を切りましたが、どんなドラマが生まれるのか、期待がふくらみますね。

←INDEX
 
2014/03/18 第313号

まさに「神かくし」としか言いようのない事態になっているマレーシア航空機の行方不明事件。さまざまな推測が飛び交っています。

Malaysian airplane investigators look at suicide as possible
motive
http://www.reuters.com/article/2014/03/17/us-
malaysiaairlines-flight-idUSBREA2701720140317

(マレーシア航空機の調査官、動機の可能性として自殺も視野に)

「suicide」は「自殺」。
「motive」は「動機」。似た言葉に「motivation(モチベーション)」がありますが、こちらは「熱意、欲求」。
「possible」は「ありうる、起こりうる」という意味の形容詞なので、「possible motive」で「考えられる動機」となります。

Malaysia U-turns on satellite data evidence; unsure when
system went off line
http://www.washingtonpost.com/world/malaysia-u-turns-
on-satellite-data-evidence-unsure-when-system-went-
off-line/2014/03/17/e93be726-add5-11e3-96dc-
d6ea14c099f9_story.html

(マレーシア航空機、衛星データにUターンの証拠: システムがいつオフラインになったかは不明)

「satellite」は「(人工)衛星]。
「went off line」は「オフラインになった」。「went」は「go」の過去形で、ここでは飛行機と衛星との通信が遮断されたことを示してい ます。「unsure」は「確信がない、不確かな」。

謎が多すぎる事件ですが、どのような決着を見せるのでしょうか。

←INDEX
 
2014/04/16 第315号

小保方氏の記者会見で科学の本質とはかけ離れた泥仕合に突入しつつあるSTAP細胞関係の問題。 海外メディアはかなり冷ややかな伝え方をしています。

Japan stem cell researcher still backing discredited study
http://www.cbsnews.com/news/japan-stem-cell-researcher-still-backing-discredited-paper/
(日本の幹細胞研究者、信用できなくなった研究結果をなおも主張)

「stem cell」は「幹細胞」。「back」は動詞で「支持する」ですが、
ここでは「主張する、擁護する」といった感じ。
「discredit」は「信用しない、疑う」。ここでは過去形で形容詞化し
て「疑わしい、信用に値しない」。

Japan stem cell scientist stands by 'phoney' research
http://phys.org/news/2014-04-japan-stem-cell-scientist-phoney.html
(日本の幹細胞科学者、「ごまかしの」研究結果を擁護)

「phoney」は「ごまかしの、いんちきの」。
「stand by」satellite」は「そばに立っている」というイメージから
の類推で「支持する、支える、擁護する」。

あの論文が「信頼するに値しない」という評価はすでに世界の科学界全体でして共有され定着しているので、それを覆すには「真っ当で信 頼できる」論文の形で証拠を示すしかないと思うんですけどね。

文: 大越 正浩 http://office-unite.com/

←INDEX
 
2014/05/21 第317号

発生から1ヶ月以上が経過して、なおも韓国国内の「ショック」が収
らないセウォル号の沈没事件。
大統領自らの「謝罪」が国際的にも広くとりあげられています。

Death toll from sunken ferry rises to 287
http://nwww.koreaherald.com/view.php?ud=20140519001659
(フェリー沈没事故の死者数は287人に)

「sunken」は「sink」の過去分詞で、ここでは形容詞的に「沈んでし
った」という意味。
「toll」は一般的には「使用料、料金」の意味で使われますが、「代価」 という意味から転じて「犠牲、損害、死傷者数」も示します。

South Korean President Vows to Disband Coast Guard Over Ferry Disaster
http://time.com/104300/sewol-coast-guard-disband-south-korea-ferry/
(韓国大統領、フェリー事故で沿岸警備隊の解体を約束)

最後の「disaster」は「(大)災害」で、普通は地震や台風その他の自然 災害について使うことが多いのですが、この事故のインパクトの大きさ を物語る言葉使いですね。
「vow」は「誓う、約束する」、「disband」は「解散する」。
「coast guard」は日本では「海上保安庁」に相当します(韓国では「海洋警察庁」だそうで)。

韓国にとっては、かつての三豊百貨店の崩落と同様の衝撃をもたらした事件なので、まだまだ余波は続きそうです。

文: 大越 正浩 http://office-unite.com/

←INDEX
 
2014/6/18 第319号

いよいよ、という感じで開幕したサッカーW杯。
会場の工事の遅れや、W杯に多額の資金が投入されていることに対する 不満によるデモやストライキなど、ゲーム以外でもいろいろと注目さ れている大会ですが……。

Has Brazil proved World Cup doubters wrong?
http://www.bbc.com/news/world-latin-america-27866983
(ブラジルはW杯への懸念を払拭できたか?)

「prove」は「証明する」で、「A has proved〜」で「Aは〜であること
を証明した」。ここでは疑問形になっています。
「doubter」は 「疑う、疑惑をいだく」という意味の動詞「doubt」の
派生語で「疑いを抱いている人」。「wrong」は「間違っている、誤っ
ている」。
見出しを直訳すると、「ブラジルはW杯に疑念を抱く人々が誤っていた ことを証明できたか?」という感じになります。

Fifa under pressure over empty seats at opening matches
http://www.belfasttelegraph.co.uk/sport/football/world-cup/world-cup-2014-fifa-under-pressure-over-empty-seats-at-opening-matches-30357191.html
(FIFA、空席が目立つ開幕戦で批判)

「under pressure」はいわゆる「プレッシャーをかけられている状態」 を意味します。
「empty seat」は「空席」、「opening match」は「開幕戦」。ここで
は複数になっているので、ブラジル x クロアチア以外の他のグループ リーグ第1戦も含んでいます。

いろいろと波乱含みの状況で開かれているので、ともかく無事にゲー
ムが進むことを祈りたいですね。

文: 大越 正浩 http://office-unite.com/

←INDEX
←メルマガ301号-309号 メルマガ321号-329号→
 
   
 
Back Top Mail
(C)Copyright 2002-2015,HIROSHIMA SOHO'CLUB. All rights reserved.